スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

電撃ホビーマガジン9月号作例

電撃ホビーマガジン誌9月号(7月末売り号)に作例掲載

電撃ホビーマガジン7末号

MG簡単仕上げ指南 p132~1135
マスターグレード「シナンジュ」

電撃掲載シナンジュ

全塗装とかせずに簡単によりよく見せるには?という特集内で作例を作りました。
週中にキットが送られてきまして週明けに納品するという、
ほんとに週末のみで作らされるという企画。
とりあえずガンプラでモビルスーツの作例をやったのはこれが初めてだったりします。
あとガンダム関連でやったのは「マゼラン」と
HCM Proを使用した「08小隊ジオラマ」ぐらいかなぁ?
作例以外ではもっとやってるんだけど、、、、

内容はバトルダメージのハンダゴテによる再現。
この焼けただれたシナンジュのイラストがあるんですよ。すっごい溶けたようなやつ。
それを簡単に作ってみました。
劇中ではビームでも食らったのかな?装甲はほんと溶けてます。
溶けた状態を簡単にやるならやっぱハンダゴテがお手軽。
塗装は金色のとこを筆塗りとパステル+アクリルシンナーによるスミ入れぐらい。
パステルとアクリルの組み合わせはなかなか相性がいいです。
ABSパーツに墨入れしたいときにはとても重宝しますね。

カコミのなかの作業途中画像は編集さんがやってくれたもの。
見易くてわかりやすいのはいいんだけど、ちょっとまずい、、、
こういうキズをつけたりとかいう作業は人というのは得てして均等にやりがちなんですよ。
意識を持って散らしていかないといかにもコテでなでました、
ってモールドになっちゃうから注意だ!
作例と途中画像のダメージの付きかたを見比べてみると
よりよく解るのではないかと思います。
塗装によるチッピングなども同様です。
作例ではビームを受けたと仮定して
粒子が飛んだような跡もオーバー目に付けておきました。

まあこの作例には問題がある!
定価7350円のプラモデルをこんなに壊せないだろ!もったいない!w

まあ技法紹介ですよね。昔ながらのやり方だけど今やっても楽しいです。
来月は近況のとこに編集さんが書いちゃった通り
「時代劇もの」の作例です。何でも屋、ここにきわまれり!
スポンサーサイト
2009-07-28 : topics :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

contents


iwai hide プロフィール


作例など作品ギャラリー


イベント参加履歴


雑記blog


リンク


フォームが開きます

banner

font size

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
文字の大きさを
調整できます

プロフィール

岩井秀(サスフォーシステム)

Author:岩井秀(サスフォーシステム)
模型制作(プラモデル、ジオラマ、商品原型など)をやっております。モデルグラフィックス誌、電撃ホビーマガジン誌で作例掲載、HPにてガレージキットの通信販売など。
よろしくお願いいたします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。