スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

WF裏話

WFのことちょっと書いてみようと思います。

商品を出すのにお金払っているの?とか
なんでMakのガレージキットは一ヶ月前ぐらいなのに何出すのか決まって無いの?
などの話をよく耳にします。
自分はWFではいつもディーラーとして参加しています。
それでディーラー参加している人にはあたりまえな事柄になっているんですが
買い物にきてくださる方にはわからないのが当たり前ですよね。
そこでどういった流れでWF当日になるのか簡単にご説明します。

今回開催されたWF2007夏のケースです。

2/25 WF2007冬開催日

次回(夏)の参加申し込み書をもらいます。
ディラーとして出るとかならず次回の参加申し込み書が配布されます。

3/20 ディーラ参加申し込み〆切り&当日版権申請希望リスト提出

申し込み期間は約一ヶ月。ここで参加(卓)の申し込みをします。
会場のキャパシティの問題で参加希望数がうわまわると抽選になります。
参加可能通知がきましたらいわゆる卓代を振込します。
たしか1卓25,000円です。

当日版権(後に書くライセンスニューウェーブに指定されているものをのぞく)
のアイテムを販売する場合はここで一緒に申請をします。
この時点で申請してないアイテムは販売することはできません。
数量、販売金額もここで決めます。
自分の場合だと「ドルアーガの塔ギル」と「ブラックナイト」ですね。
ほんとはゼビウスのソルバルウというのを申請したかったんですが
スケジュールを考えて今回は断念。
この書類を出すとWF実行委員会が当日版権取得可能かどうかを調べて通知してくれます。

5/11 当日版権本申請書〆切り

当日版権が習得可能だったアイテムの本申請を行います。
原型の監修用写真をいっしょに同封します。
ということは基本的にはこの時点で原型が80%以上は完成してないといけません。
版元さんによってはWFにご理解があり、途中状態でも許諾いただける場合があるようですが
ほぼ完成させて送るのが普通です。
前回のWFが終わってから2ヶ月ちょっとです。
普通、前々から準備してないとかなり厳しい感じなのではないでしょうか?
希望申請していたものの結果報告は4月末にとどいたりもしますので
けっこう賭けで先行して作っていたりもします。もちろん不可通知がきても文句はいえません。

7/2 監修結果報告&当日版権ライセンスニューウェーブ申し込み〆切り

このころ本申請(写真監修)の結果が届けられます。
たまにもう少しのびるケースもあります。今回の自分だったらもう少しのびました。
結果報告が許可でしたらいっしょに版権料の入金金額なども通知されます。
版権料は版権元によって違います。だいたい販売金額の5%~10%ぐらいです。
指定の期日までに版権料を振込みします。
基本的にこの結果報告がくるまで量産は禁止されています。

ライセンスニューウェーブに指定されている作品というのはここで版権申請をします。
このシステムはWFに深い理解のある版権元様が
通常の当日版権とは別にファン活動の一環として簡単な申し込みで
WFに参加、出品できるようにと許可してくださっているものです。
横山先生のマシーネンクリーガーの当日版権の申請はこれになります。
写真監修などはなく、希望アイテム、販売金額、個数を書類で提出します。
すぐに受理通知がきますのでそれを見て指定の版権料を振込みます。
このシステムだと何を出すのかをWF開催約一ヶ月前まで悩めるのでかなり楽です。
残り一ヶ月で販売出来るかどうか、の判断はしやすいですからね。

販売金額の決定が先になるので量産にかかる金額の見積もりがあまいと
損をするケースもでます。その場合でも販売金額を上げることはできません。
(先に申請している販売金額で当日版権料の金額が決まっているためです)

8/12 WF2007夏 開催日

このようにしてWF開催の日を迎えます。
版権申請をしたアイテムについてはほぼサンプルの提出義務があります。
たいていはキットと完成品を複数提出しなければなりません。
量産が出来なかったなどの理由で販売ができなくとも
版権の申請をした以上、サンプルの提出義務はあります。
もし当日サンプルを提出出来なかった場合は後日提出+次回WFにおいて当日版権の申請不可。
提出が出来ないとWFへの参加不可となります。
Makの場合、サンプルの提出はMak番頭さんが回収してますので少し特殊です。

あと、商品が売れ残ったり生産が間に合わず申請数に達してなかった場合でも
先に振り込んだ版権料の払い戻しというのはありません。あたりまえですね。

いうわけでちょっと長くなりましたがこんな感じです。
前回のケースですが毎回だいたいこのような間隔の〆切りになっています。
というわけで次回WFに出すアイテム(通常当日版権)はすぐ決めてとりかからないと
間に合いません。
なににしようかな、、、、、



スポンサーサイト
2007-08-14 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

contents


iwai hide プロフィール


作例など作品ギャラリー


イベント参加履歴


雑記blog


リンク


フォームが開きます

banner

font size

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
文字の大きさを
調整できます

プロフィール

岩井秀(サスフォーシステム)

Author:岩井秀(サスフォーシステム)
模型制作(プラモデル、ジオラマ、商品原型など)をやっております。モデルグラフィックス誌、電撃ホビーマガジン誌で作例掲載、HPにてガレージキットの通信販売など。
よろしくお願いいたします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。